結婚と結納の習慣

結婚と古い習慣について

結婚までの準備の情報

結納はする?結婚前に話し合いを 

昔は当たり前のように行われていた結納ですが、堅苦しいことを嫌うカップルが増えているせいか、最近ではあまり行われなくなりました。結婚イコール家と家の結びつき、という意味合いが薄れてきたことにくわえて、お金もかかるため、それなら式やハネムーンや新居の費用にあてたいという気持ちもあるようです。よって、最近は、両家で顔合わせの食事会を行うなど、簡素化の傾向にあるようです。しかし、結納をするのは当然と考えている親御さんもまだまだ多いですし、地域によってしきたりの差もあります。結婚後にしこりを残さないためにも、両家でしっかり話し合って意見を調整しておくことが大切です。

結納をしないと言っていいのは誰 

めでたく結婚が決まったとき、少し落ち着いてくると「さて結納はどうするか」、という話になるかと思います。今の時代、「無しで」、ということも多いかと思いますが、そのとき「無しでいきましょう」と口火を切るのは女性側でなくてはいけないようです。結納は、地方にもよりますが、結婚にあたり男性側が女性側になんらかの贈り物、もしくはお金を渡す風習です。なので、男性側から「やらなくてもいいですか」と言い出すことは失礼に当たります。やる、やらないで揉めることは良くあることですが、ご家族ともよく話し合ってスムーズに決めたいものですね。

雪の上の木